占いにはタロットや手相、占星術といった種類があります。それぞれに特徴があるのでうまく使い分けましょう。

占いの特徴と使い道について
占いの特徴と使い道について

占いの特徴と使い道について

昔から、趣味として占いをする人は数多くいます。恐らく学校の友人の中に一人位はいたのではないでしょうか。中でも一番有名どころのはタロット占い辺りで、カードの配置や上向きか下向きか、そしてそれぞれのカードの持つ意味など、様々な要素を組み合わせて占うもので、恋愛や進路、自分の未来など要素を絞り込んでの占いに適しています。ただし、明日の運勢はどうかなど、具体性のないものにはあまり向いていません。

他に有名な物として手相占いがあります。どの線がどんな意味を持っているのかを勉強する必要があり、その長さや他の線との関係なども見る必要があるのでタロット占いと比べると難しいですが、逆に考えれば必死で勉強すればある程度は見れるようになるということにもなります。いつ結婚するのか、病気になっているのではないか、今年の運勢は、など数多くの内容を見ることが出来ますが、やはり明日はどうなるかといったことを占うのには適していません。

もう一つ有名なのが占星術ですが、これは手相よりも更に細かい勉強が必要になります。太陽や月といった星の並び、自分の出生のデータから運勢を占うもので、その年の一年を通じての運気を占います。何月からは怪我をしやすい、何月から運気は上がるので何か新しい事を始めるのに向いている、といったことを占うのに適してます。

Copyright (C)2017占いの特徴と使い道について.All rights reserved.