以前職場に趣味が高じて占いを本業にしている人がいました。今頃はどこかの母になって活躍しているかもしれません。

占いの特徴と使い道について
占いの特徴と使い道について

趣味が高じて占い師の道へ

私の独身時代、職場にちょっと変わった女性がいました。職場では事務の仕事をしていましたが、週末になると占い師として仕事をしているというのです。大変明るく天真爛漫な彼女ですが、事務の仕事は時々ミスをしてどちらかというと向いていないのではと思うこともありました。ある時、私は彼女に占ってもらうチャンスがあったのですが、いつもの職場での明るい表情とは打って変わり、ミステリアスな表情で真剣に占いに取り組む姿には大変驚かされました。聞くところによると占いは趣味が高じたもので今やこちらのほうが本業だと言うのです。なるほど占いをしてくれた時の表情を思い出すと、まさに本業であることが容易に想像できました。しかも占いでの収入の方が高いのだとこっそり打ち明けてくれました。

その後彼女は退職をして本格的に占い師の道に進んだようです。趣味が高じて職業になる話はよく聞きますが、占い師になるというのも珍しい話です。あれから20年以上の歳月が流れましたか、今頃はベテラン占い師になり、どこかの町の母として活躍しているかもしれません。彼女に今の私を占ってもらったらどんな結果がでるか、楽しみでもあり不安でもありますが、占って欲しいという気持ちは持ち続けているのです。

Copyright (C)2017占いの特徴と使い道について.All rights reserved.