占いは、良い結果は前向きに受け止めて、悪い結果は気を付けようと心に止めておくくらいでいいのです。

占いの特徴と使い道について
占いの特徴と使い道について

占いを信じることについて。

占いは、信じる人と信じない人の両極端に分かれます。占いを信じる人は、何かにすがりたいという気持ちがあったり、何か悩み事がある場合が多いです。逆に占いを信じない人は、人生がうまくいっていて、占いに頼らなくても十分幸せだという人かもしれません。私は、恋愛や仕事関係で、自分の判断ではどうしたらいいのか分からなくなったり、悩みが深くなったりすると、占いを色々と調べたり、手相占いに行ったりしています。問題が解決したわけではなくても、占いをすることによって、解決の糸口が見えたり、不思議ともやもやしていた気持ちがすっきりするので、私にとっては良い効果があります。

信じるか信じないかは、その人の考え方が次第ですし、占いによって救われている人は多いです。しかし、あまりにも信じすぎてしまうと、正しい判断力を無くしてしまったりする場合も出て来てしまうかもしれないので、良い結果は前向きに受け止め、もし悪い結果が出たとしても、あまり落ち込んだりせずに、心に止めておいて、そうならないように気を付けようと思えばいいのです。あまり左右されることなく、ちょうどいい距離感を保つことによって、上手に活用しながら、占いと付き合っていくことが大切です。

Copyright (C)2017占いの特徴と使い道について.All rights reserved.